NEWS新着情報

ふるさとワーキングホリデーとは

皆さんは”ふるさとワーキングホリデー(以下ふるさとワーホリ)”という制度をご存じですか?総務省のポータルサイトによると、

 

 

ふるさとワーホリとは、都市に暮らす若い人たちが、一定の期間地域に滞在し、働いて収入を得ながら、地域の人たちとの交流の場や学びの場などを通して、通常の旅行では味わえない、地域を丸ごと体感してもらい、地域とのかかわりを深めてもらおうというものです。

 

 

と説明されています。

このふるさとワーホリ事業、今年度より南伊豆町でも実施しています。

今回はそのお二人目として参加した村田有季子さんに体験インタビューや体験記事を書いていただきましたのでご紹介します!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この度ふるさとワーキングホリデーで南伊豆町役場に来ました、村田と申します。

南伊豆町下賀茂を拠点に、平日は南伊豆町役場商工観光課でお仕事をして、休日は南伊豆町とその周辺の町を観光や地元の方と交流する2週間を過ごしました。

2週間という、決して長くはないけれど、初めて来た南伊豆の地で、いろいろな方々との出逢いを通して、濃い時間を過ごすことができました。

ふるさとワーホリを通してまたお会いしたい方、もう一度行きたい場所、それから体験してみたいこと等、今回の経験をきっかけに、どんな形になるのかはわかりませんが、小さい形だったとしても南伊豆町と関わり続けることができたら。と、思うことができました。

 

 

★期間中の体験記事、”ふるさとワーキングホリデー”に参加して感じたことなど、ブログサイトnoteにて公開しています。

ブログ「南伊豆町公式note」はこちら


★これから”ふるさとワーキングホリデー”に参加される方へのメッセージをワーケーションページにて公開しています。

体験インタビューはこちら

 

是非ご覧ください!

元地域おこし協力隊でゲストハウス『Daja』を運営されている松原さんのご紹介で、地元の松本さんのお宅でクリスマスパーティーをし、その際に金目鯛のさばき方を教えていただきました。

 

#ふるさとワーキングホリデー #ワーケーションは南伊豆で

一覧へ戻る